『真田丸』の余韻に浸る旅~百名城『上田城』No.22-2と信州上田(1月7日)

 新年になっても、昨年暮れに最終回を終えた大河ドラマ『真田丸』の余韻が抜けない状態。
完全な「真田丸ロス」というか、長澤まさみが演じた「きりちゃんロス」です

そんなわけで、今年の初詣の場所に選んだのは『真田神社』でした。

11時頃には、『真田神社』の上田城についたのですが、駐車場はどこも満車。
1年半前にも上田城に来ているのですが、その時とは、どこの駐車場もスカスカだったのに…。
まだまだ真田丸効果は続いているようです。

駅前近くのコインパーキングに止めて、歩いて上田城へ。

まずは、実は、今日一番の楽しみにしていた『大河ドラマ館』へ。
ここも、大変な混雑。。。
画像

展示は、完結編に関するものが中心になっていて、
再現された真田丸と、信繁の甲冑はなかなか見事でしたが、
画像

きりちゃんの虜になっている私には、きりちゃん関係の展示が少なくて、ちょっと期待外れかなぁ。

次は、上田城内にある『真田神社』で初詣。
画像

小さな神社ですが、ここも混雑してました。
参拝をすませて、御朱印を頂戴します。
画像


そして、せっかくなので、『上田城』を見学。2014年8月10日以来の登城です。
画像

画像

前回の訪問時に百名城のスタンプはゲットしているので、櫓の中の見学はほどほどに、
画像

画像

上田城の外に出て、尼が淵に行きます。
画像

昨年正月に放映された「ぶらタモリ」でも解説されていたところで、
上田城の最大の見どころは、間違いなく、上田城内ではなく、この尼が淵です
画像

画像

ここからの景色から、いかにここが攻めにくい城であったかが実感できますし、
石垣の積み方などの遺構などから、年代による城の成り立ちがよくわかります。
まぁ、いずれにしても「真田丸」を観る前と後では、この城の価値、良さ、印象は全然違いますので、ぜひ、「真田丸」を観てから行ってほしいお城です。★★☆


上田城をあとにして、車で15分ぐらいかけて、
上田城ができる前に真田氏の本拠となっていた『真田氏館跡』へ。

館跡は、土塁や堀の跡が残っているものの、特に大きな見どころは無いかなぁ…
隣接する『真田氏歴史館』も見学。
画像

小さな資料館ですが、資料としては、歴史好きにはそれなりに楽しめる資料館です。
ただ、ここは「真田丸」ではなく、「真田太平記」推しの感じです。

最後に、さらに車で5分ほど行った、『真田氏本城跡』へ。
画像

ここは、「真田丸」のロケ地になった場所です。

第3話で、信繁ときりちゃんの最初の掛け合いとなった、きりちゃんにしょぼい櫛を渡したシーンです
二人が腰かけていた白樺の丸太がそのまま残されています。
画像

画像

車で行かれるとはいえ、ちゃんとした山城ですが、それでも10数人の見学者が来ていました。
これも真田丸効果でしょう。
画像
画像

ただ、ここ、城があったんだという遺構が感じられますし、真田の里を一望できる景色も壮観で、
城跡としての
画像
見どころも十分あると思います

期待値とのギャップもあるでしょうが、今日一番の場所でした。★★☆


この日はもちろん、帰ってからネット配信の『真田丸』を観ました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック