百名城No.44,45『伊賀上野城』『松阪城』の旅(12月11日)

久しぶりの、そして年内最後の100城巡りは、三重県攻めです。

朝一番の「特急しなの」で松本駅から名古屋駅へGo!
車内で朝から飲む …幸せのひと時。。。

さて、名古屋駅からは三重交通さんの高速バスで伊賀上野市駅へ。
しかし、バスに乗ってすぐに運転手さんから、「四日市IC付近の事故の影響で到着時刻が大幅に遅れる可能性があります。」とアナウンス。

「ん???乗車券を買うときや、乗るときにも、そんなこと一言も言って無いぞ。
そういうことは、乗る前に言えよ。これなら電車にしたのに・・・」

(思えば、これがこの旅行のケチの付き始めだった・・・)

でも、まぁ、すでに動き出しているバスの中では、どうしようも無い…我慢、我慢。
結局、2時間弱で着くところ3時間かかって、ようやく上野市駅に到着。

↓松尾芭蕉がお出迎えです。

画像


ただでさえ、カツカツのスケジュールの中、1時間の遅延は大きなロス。
そのうえ、いつも当たり前にあると思っていた上野市駅のコインロッカーが無い
駅近くの商業ビルの中にも無い!全く無い!!

大きな荷物をもってお城に登るのは嫌だし…。

幸い、商業ビルの中に観光案内所があったので、そこで聞いてみると、
「上野市駅にありますよ。」とのこと。

「ん?ん?何回も見たけどそんなの無かったゾ。」と思いつつ、もう一度、駅に行って、
今度は駅員さんに聞いてみると、

案内されたのは、なんと、改札の中

ありました。コインロッカー。そりゃ、わからないよ

駅員さんに言えば、電車を利用しなくても、コインロッカーだけでも利用できるようです。

さて、荷物も預けてようやく、伊賀上野城へ向かいます。

【伊賀上野城】

駅から歩いて5分。上野公園へ到着。
ここには、芭蕉翁記念館や忍者博物館などもありますが、とにかく時間のロスが今日は多すぎて、
ここでの滞在時間は1時間しかない。

泣く泣くこれらを素通りして、伊賀上野城を目指します。

画像


さっそく、天守がお目見えしましたが、天守に行く前に、まずは筒井古城跡の立派な石垣に目を奪われます。

画像


残念ながら、石垣の補修工事中のようで、古城跡の中までは入れませんでした。

さて、いよいよ大天守へ入場です。

画像
画像


この大天守は、再建天守ですが、観光施設としての再建では無く、あくまで歴史に忠実に再現した感じがして、なかなか良い感じです。
ただ、中の展示物は、この城を再建した川崎氏の資料がメインといった感じで、戦国の歴史好きとしては、築城当時の藤堂高虎の資料などがもっと見たかったかなぁ、という印象。

天守の最上階からは、伊賀上野市内が一望できます。

画像
画像


さて、伊賀上野城といえば、天守もいいですが、やはり壮大な高石垣。
撮影スポットを探しながら歩いて、内堀に沿って進んで行くと、気がつくと、完全の公園の外で出てました。
でも、堀越の壮大な石垣を眺めることができました。

画像


天守、高石垣と見どころはありますが、それ以外には見どころは少なく、スケールや、歴史のムードといったものも感じられず、評価としては・・・★☆☆でしょうか。

画像


さて、予定通り滞在時間1時間で、上野市駅に戻って、ここから伊賀鉄道で伊勢神戸駅で乗り換えて、近鉄で松阪駅へ向かいます。
伊賀鉄道の2両編成で伊賀ののどかな山野をのんびり走る感じは、なかなか趣があります。

【松阪城】

15:00過ぎ、松阪駅に到着です。

画像


歩いて15分程で松阪城表門跡に到着。
ここからすぐのところに歴史民俗資料館。ここでスタンプゲットです。
画像


さて、この松阪城ですが、建造物があるわけでは無いですし、歴史的に重要な舞台になったわけでもなく、
正直、あまり期待していなかったのですが・・・
さすが100名城に選ばれるだけあります

ただ、建物が残っていない、というだけで、石垣はもちろんですが、
本丸、二の丸、三の丸から出丸、櫓跡、虎口といったところまで、城郭として残るべきもの、ほぼすべてがしっかりと感じられるように残っており、
歩いているだけで、「ここにこんな建物が立っていて、こんな風に歩いて、こんな風に防御して・・・」と実に想像力を掻き立ててくれます。

画像

画像
画像
画像
画像
画像


月見櫓から見る松阪市内の景色も、「きっと当時の人々もこんな景色を見ていたんだろうなぁ」と物思いにふけってしまうような、良い景観です。

画像
画像


評価は、もともとの期待値が低いこともあって ★★☆ です。

さて、本当なら、まだまだ旅は続く予定でした。次の日は伊勢神宮に行く予定だったのですが…

なんと、宿泊先のホテルの入って冷蔵庫にビールを入れていたら腰が
まさかのぎっくり腰

翌日は、予定をすべて変更して、早々に帰路へ。
歩くものままならない状態で冷や汗をかきながら、死ぬ思いで早々に帰宅しました


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック