2015高校野球(長野県大会)②

三連休最終日は、またも松本市野球場で高校野球長野県大会です。

画像


今日は、ベスト8を賭けた4回戦。目当ては、母校が出場する第2試合。

ネットで第1試合松商学園VS更級農業の経過を見ると初回で4-0で早くも松商リード。
選抜出場の松商と、これまで4回戦が最高の更級農では、力差歴然。
これは、5回コールドもあると思って早めに家を出て球場へ。

球場へ着くと、まだ第1試合は続いている様子。球場へ入ってスコアボードを見ると…

なんと、5-7
 接戦になってる・・・
見れば、松商のマウンドは背番号10。エースをノックアウトしていた

正直、更級農業はいつも1回戦か2回戦まけの弱小高校のイメージ。
それが全国に名を馳せる松商学園と大接戦の衝撃

確かに昨年も4回戦まで進出したチームだけど、完全にあれはフロックだと思っていたけど…

6回裏に松商の3番バッターが豪快にライトスタンドへ放りこむと、これをきっかけに、
松商の地力発揮。最後は力の差が出て7回コールドゲーム。

更級農業 0 0 0 4 1 0 0     5
松商学園 4 0 0 3 0 4 1x    12


これで、更級農業は2年連続の4回戦進出。
こうやって、2年づづけて上位に進出することで、必然的にチームに自信となり、目指すものの向上になります。
そういう高いレベルを求める雰囲気のチームの中で、下級生、新入生が練習することで、
また、その雰囲気が引き継がれて常勝チームになっていくこと。
更級農業。また来年、上位にこれるようなら、しばらくは、上位進出の常連校になれると思う。期待!

画像


画像


さて、目的の第2試合は母校の長野VS須坂。

ともにノーシードで、特に須坂は近年、甲子園まであと一歩まで来ている松本第一を初戦で破ったチーム。

ゲームは初回の攻撃を見て、明らかに長野が有利。
初回0点に終わってとはいえ、相手のエースの球を確実の芯で捉えていた。

その予想通り、4回を終わって0-4で長野リード。これは、コールドゲームかなぁ、と思ったら、
5回に須坂がエラーと四球絡みで3点を返すと、8回にも2連続四球からチャンスを掴む。

ただ、良く思い出すと、須坂の安打はわずか1本。内容は長野が圧倒していたが…。

ここで、長野が先に動く。ここまで1安打に抑えていたエースをレフトに下げて2年生ピッチャーをマウンドへ。

正直、ここまで味方のエラーに足を引っ張られていただけで、決して攻略されていたわけでは無いのに…
ここで先に動くのは明らかに采配ミスに思われたが…

案の定、2年生ピッチャーは四球で満塁としたあと、タイムリーヒットを浴びる。
しかし、このとき、2塁ランナーはホームでタッチアウト!
さらに、再びマウンドに戻ったエースの後続を抑えられる。

須坂にしてみれば、ここで勝ち越せなかったのが痛かった。

ここまでの内容から、須坂が得点できるチャンスはそう多く無いのだから…。

結果は、長野が9回サヨナラ勝ち!

須坂 0 0 0 0 3 0 0 1 0 4
長野 0 3 1 0 0 0 0 0 1x 5



長野は、打線が振りは鋭いし、エースの飯島君も安定した投球内容。
個々の力は非常に高いように感じたが、ただ、それをチームとしての総合力にまで高められていない印象。
遊撃で2度失策した吉沢君は、3番を任されていたようにバッティングは非常に高いレベルにあるように思えたが、守備が非常に不安定。
2番手で投げた待井君が新チームのエースなのかもしれないが、今日の印象だけだが、まだまだレベルは県で上位を争うチームのエースのそれでは無い、というか、正直、今日は、まったく見どころも無かった。

秋よりも、これから鍛えて来年の夏に期待。

でも、夏の高校野球の球場の雰囲気。いいよね~

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック